関東男性風俗求人を募集する女性

関東で男性風俗求人を募集するお店の中には女性が「○○ママ」という形でお店のトップに立ち、経営者としてもその手腕を振るっているというお店もあるといいます。クラブやバーなどでは多いですが風俗店においては少ない存在だった女性経営者。その理由として考えられることはいくつかあります。まずひとつ目は風俗経営をする上で女性よりも男性の方が適していた部分が多いこと。矢面に立ってお店を引っ張るリーダーシップなど、男性が経営をした方が良いという部分が多いようです。そしてふたつ目は水商売関連の仕事に比べ風俗嬢は長く勤める人が少ないということ。クラブやバーのママの中には何十年もの間そのお店に在籍し、良いことから悪いことまで様々な経験をして来た人が多いです。クラブなどの女性を比べると風俗嬢はお店を経営するための経験が短いという場合が多いと言えるかもしれません。みっつ目は水商売と違う職業の差。クラブやバーのママは長く仕事を続け、世間一般では「お婆ちゃん」という年齢になってまでお店に出続けている人もいます。それは容姿が最重要という仕事ではなく、経験を重ねるほどのお客から信頼されまたそんな状態であってもお店に出るということが格好良いと言われることも少なくありません。それに対しそのような働き方をしている風俗嬢はほとんどいないというのが現状です。このような理由があるために風俗において女性経営者が少ないのではないかと思います。

ただこのように前例が少ない中風俗店の女性経営者になった人は、そこで働く女の子に強い影響を与えるだけのパワーがあるといいます。その女性経営者がいる風俗店に在籍しているという女の子は、当初は風俗店で働くことに乗り気ではなかったそうですが彼女と話をするうちに「彼女のようになりたい」と風俗で働くことを決めたといいます。それは彼女が持っている良い風俗嬢としてのオーラ・普段のたゆまぬ努力が作り上げた素晴らしい容姿・女の子の目線に立ちその子のことを考えた話の内容など様々な要素があったからでしょう。特に話をしているうちに彼女の人間力に惹かれ、風俗店で働くようになった現在も彼女のように素晴らしい女性になるため日々努力を重ねているということです。それは女性経営者が圧倒的なカリスマを持っていたという部分が強いですが、女の子にとって「自分が目指すべき存在」「自分のことを深く理解してくれる存在」がいることは何よりも心強いこと。全国的に多くの風俗嬢が存在しているため、近い将来彼女のような女性経営者が増えてくるのではないでしょうか。