東京男性風俗求人と経営

風俗を経営するには風俗で働く女性について考えなくてはなりません。彼女たちがどんなスタンスで働いているか、そこを理解することから風俗経営は始まります。東京の男性風俗求人への応募を考える人は覚えておくと良いでしょう。

まず「風俗嬢とは売春婦なのか?」という問いについて。これは風俗を経営する者にとっても「自分が行っているのは売春斡旋行為にあたるのか?」という問いに直結します。

実際に働く風俗嬢の多くは「自分たち風俗嬢であり売春婦ではない」という認識を持っています。性サービスを行う女性の認識は近年変化してきており、元々は上層部のような高い地位の人が脱落して風俗嬢をやるというイメージから、今は若くて普通の子までが働くようなカジュアルなものになっています。「自分は自分の体で稼いだお金で生活をしているのだから、会社で働いて得たお金で生活している人よりも自立していて立派だ」という認識を持つ人さえ出てきている。

日本の風俗の歴史は古く遡れば安土桃山の遊郭に始まります。そんな時代に生まれた風俗文化が今変わり始めている理由の一つは、1980年のブルセラ世代と呼ばれた女性たちが20歳になった2000年あたりから性に抵抗のない女性が増えてきたことにあると思われます。よく言われる「草食男子」に対する「肉食女子」なるものが現れ、風俗に対してポジティブに考えるようになったのです。2008年のリーマンショックの影響で雇用という制度が本格的に壊れ始めたことで、自分の体を売り物にするということが単なる「転落」というイメージに直結しなくなっていきました。

生活のために仕方なくとして始めた女性が、「セックスも出来てお金も稼げて最高」とハマッていき、金銭感覚が壊れて常にお金が必要になり、最終的には風俗なしでは生きていけないような体質の女性も少なからずいます。経営者側としては女性の弱みを握るという意味でプラスの面もありますが、そのような女性は仕事上でも精神的に病む可能性が高く、突然のドタキャンや長期休暇をされるリスクを伴います。なるべく限り心身ともに健全な女性を長く雇っていきたいので、大きなおせっかいかもしれませんが、彼女達の金銭の使用方法についても把握しておく必要があると思います。

風俗ではマットやフェラなど、アブノーマルなセックスを求められることが多い職業です。
そういうのが元々得意だという人もいるし、苦手な人も仕事として割りきってやります。性的サービスをすることが風俗店の役目ですのでできなければ話が始まりませんが、決して強制せずその子の個性を認めていくのも店側の役目になります。性的サービスが下手でも可愛くて人気を集める人もいるし、どこにお金につながる人材が転がっているかもわかりません。とにかくやってくれるだけでも御の字として、採用し雇用を続けましょう。